MENU
カテゴリー
タイムマン
アマチュアクリエイター
時間吸い取られブログでビルダーズ2やマイクラなどの人気ゲームのお役立ち情報をお届けしています。自分の体験を元に記事を書いています。ぜひご参考にしてください。
マイクラ全攻略まとめ一覧詳細はこちらから

【マイクラ統合版】ブラックストーンの高効率な集め方とおすすめ建築

スポンサーリンク
  • 「ネザーアプデでブラックストーンが追加されたけどどうやって入手すればいいの?」
  • 「ブラックストーンってどんな建築がおすすめ?」

ネザーのピグリン要塞や玄武岩デルタで入手できて、お城や要塞の素材として使えます。

大量のブラックストーンを使ってお城作りに勤しんでいる管理人のタイムマンです。

今回はマイクラ統合版でブラックストーンの簡単な集め方とおすすめ建築を紹介します。

本記事を読めば、ブラックストーンを大量入手でき、建築に応用できます。

ブラックストーンは建築ブロックとしてはオシャレで、ひび割れた磨かれたブラックストーンレンガも使えば、味のある建築になります。

本記事を読んでいる方は、ブラックストーンが欲しくてたまらない人だと思います。

ディープスレート並みに有用なアイテムで、城作りに大活躍します。

スポンサーリンク
目次

ブラックストーンの効率良い集め方

どうやってブラックストーンを集めるのかは以下の通り。

  • ピグリン要塞で大量入手
  • 玄武岩デルタで入手

どう考えても一番効率よく集められるのが、ピグリン要塞です。(ブレイズのネザー要塞ではありません。)

要塞にはブラックストーン系の建材ブロックが大量に眠っています。それも何時間掘り尽くしても50%に満たないくらい。

玄武岩デルタにもブラックストーンがありますが、こちらは地形の起伏が激しく危険すぎるため、あまりおすすめできません。

ここからは、どんな集め方があるのか詳しく紹介していきます。

ピグリン要塞が一番効率良い

前回述べた通り、どう考えても一番効率が良いのはピグリン要塞。

何故ならブラックストーンや磨かれたブラックストーンレンガの山だからです

管理人の経験では、マイクラの世界でピグリン要塞ほどブラックストーンが大量に取れる場所はありません。

普通ならネザライト装備などお宝を求めて要塞を探索すると思いますが、何度も訪れる度に宝に飽きてしまい、建材しか興味持たなくなる気持ちは分かります。

ただピグリン要塞では構造物で欠けている場所があり、あのピグリンがスポーンするなど、危険がいっぱいです。

なので、必ずトーテムを持参して不用意に穴に落下したとしても復活できるようにする体制が必要

一番上から採掘していく

ピグリン要塞を採掘する一番の方法は上から採掘する点です。管理人はこの方法でブラックストーンを効率よく入手してきました。

上からの採掘で注意すべき点は以下の通り。

  • 大量に入手できるように、エンダーチェストシュルカーボックスを必ず持参
  • 要塞の上は暗くて画面が見えづらいので、床に松明をつけて見えるようにする
  • 高い場所から採掘するので間違えて落下しないようにする
  • 磨かれたブラックストーンレンガだけではなく、ひび割れたレンガも建築として使えるので、これもくまなく回収する
  • ツルハシの耐久力を極限まで上げるか、シルクタッチ用と採掘用を2つ用意する(耐久値が少なくなったら、撤退する)

以上に注意すれば、ブラックストーンを安全かつ大量に入手できます。

採掘は超ハラハラしましたよ。しかし、これから完成するであろうお城の完成図を想像しているとめちゃくちゃ楽しくてウキウキしました。

しかも、要塞は巨大なのでいくら掘ってもなくなりません。なので、際限なく掘り尽くしましょう。

玄武岩デルタで集める手も

ピグリン要塞以外にブラックストーンを集める方法として玄武岩デルタ採取が挙げられます。

要塞をまだ見つけていない時の集め方としておすすめですが、その代わり危険すぎます。

何故なら、地形の起伏が激しすぎる上に地上ではマグマキューブ、空中からはガストの猛攻に遭うからです。そして底にはマグマが待ち構えています。

つまり、危険と隣り合わせで採掘しなければいけません。

管理人は昔玄武岩デルタでブラックストーン入手しようとしたのですが、敵の猛攻に遭って何度も全ロスしました。

ただ、レンガじゃない方のブラックストーンが大量に入手できるので、レンガが飽和している人はぜひ玄武岩デルタで集めるのがおすすめです

ブラックストーンレンガの作り方

ブラックストーンには磨かれたブラックストーン、ブラックストーンレンガ、ひび割れたブラックストーンレンガの3種類があります。

磨かれたブラックストーンは、ブラックストーン4つで4つ作れます。

ブラックストーンレンガは、磨かれたブラックストーンレンガ4つで4つ作れます。

作るというとより加工に近いんですけどね。

ブラックストーンレンガは壁として、磨かれたブラックストーンは床として使うのが良し。

ただ、ひび割れたブラックストーンレンガは作業台で作ることができません。

ピグリン要塞でたくさん採掘しましょう。

ブラックストーンのおすすめ建築

レンガ含めたブラックストーンのおすすめ建築は以下の通り。

  • お城作り
  • 町の大型建物
  • 巨大な要塞
  • 磨かれたブラックストーンは床に使用する

ブラックストーンは他にもいろいろな使い方があると思いますが、メインとしては以上が挙げられます。

管理人としては、要塞で大量に取れるからお城建築が断然おすすめです。

大量に集めたブラックストーンをどうしても建築に使いたいですか?

ではどんな建築方法があるのかは、これから詳しく紹介します。

王道はお城作り

まず王道はお城作りでしょう。それもお城の壁としてです。壁に使うのは磨かれたブラックストーンレンガとひび割れたブラックストーンレンガ

「え?でもブラックストーンって黒いから、それじゃ黒い城になってしまうよ!」って思っている方もいると思います。

管理人としては全然ありです。それに「ピクシブ要塞で大量に取れるから、お城建築できるんじゃない?」と思ったからです。

あまりにも巨大すぎるので、要塞1つだけでも1つのお城が作れてしまいます。

そういう意味でもネザーアプデは建築勢にとってはかなりデカいアプデです。

まだ城の建築の真っ最中ですが、管理人としては城の構造物としてブラックストーンレンガの塔を組み込みたいと考えています。

考えるだけでオシャレですから、かなり見栄えは良くなると思います。

マイクラで黒いお城ができるなんて本当にいい時代になりましたね。

村の大型建物にも使える

お城だけではなく、村の大型建築として使えます。

管理人は村から発展させた町に司書さん専用の巨大な図書館を作りました。(と言ってもほとんど使っていないですが…。)

図書館の他にも以下の建築に使えます。

  • ドス黒いお屋敷
  • 真っ黒い古塔
  • 真っ黒なピラミッド
  • 真っ黒な遺跡

黒いピラミッドなんて現実世界で全く聞いたことはありませんが、マイクラの建築物としてはセンスがあります。

黒いピラミッドなんてあまり耳にしないパワーワードですからね。

ただ、村のシンボルとして使うには、平原には古塔を、砂漠には巨大ピラミッドを使えばいいんじゃないかと思います。

巨大な要塞の素材として相応しい

ブラックストーンはデカイ要塞の素材としては相応しいです。

何故ならそんなことが言えるかというと、ブラックストーンで構成されたピグリン要塞は、要塞型の建物だから

残党の砦という別名もあるこの建物は、立ち入ったものを近づきすらさせない重厚な要塞感がします。(管理人も要塞で何度もロスしました。)

その要塞をオーバーワールドで転用させようというわけです。

黒い要塞なんて、めちゃくちゃインパクトありませんか?管理人的にはかっちょいいと思います。

現に管理人は拠点の島をブラックストーンでできた城へと変貌させている途中ですが、完成したら要塞のような風貌になります。

元の要塞は外こそ頑丈なものの、中がボロボロでところどころが崩れ落ちています。これじゃ危険ですよね。

オーバーワールドで要塞を作る時は、崩れているところがないように安全な建物にしてください。

まあ安全な建物を意識するのは当たり前のことですけどね。

磨かれたブラックストーンは床使用

先ほど説明しましたが、磨かれたブラックストーンは床使用がおすすめです

何故ならブロックの表面がなんか床っぽいから。

深い理由はありませんが、床ブロックとしては貴重で大きい建物の床に使っています。

管理人は図書館の床として使ったんですが、すごく見栄えが良くてセンスある図書館になったんじゃないかと思います。

ただ、磨かれたブラックストーンは自然生成せず、磨かれたブラックストーンレンガからはクラフトできません。

もし磨かれたブラックストーンを大量入手したい場合は、ネザーの玄武岩デルタを中心に採掘するのがおすすめです。

まとめ

ここまでネザーのピグリン要塞で取れるブラックストーンの集め方とおすすめ建築について紹介しました。

  • ピグリン要塞の方がブラックストーンレンガを大量に取れるが、磨かれたブラックストーンを入手したいなら玄武岩デルタがおすすめ
  • ブラックストーンのおすすめ建築は城や要塞、大型建築
  • 磨かれたブラックストーンは床に使える

クラフターの皆様はブラックストーンが欲しくなりましたか?

本記事を読んだ方は、ぜひブラックストーンをぜひ集めて下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次